20代で敏感肌でお悩みの方に、20代の敏感肌におすすめな化粧水をご紹介しています。

敏感肌用の化粧水は保湿力に優れ、肌のうるおいをキープできるように土台になるものです。

化粧水をつけてもすぐ乾燥する、化粧水でかゆみや赤みが出てしまう、という20代の方は是非チェックしてみてください。

20代の敏感肌化粧水の選び方

では、20代の敏感肌におすすめな化粧水の選び方をご紹介します。

選び方に不安のある方は、参考にしてみてくださいね。

20代の敏感肌化粧水の選び方には、3つのポイントがありますので簡単に説明していきます。

20代の敏感肌化粧水の選びの3つのポイントは、

  1. 高保湿成分配合
  2. 浸透力が高く水分キープ力がある
  3. 続けられる価格である

 

20代敏感肌化粧水の選び方①、高保湿成分配合でお肌の乾燥を防ぐ

保湿成分配合の保湿化粧水は沢山ありますが、高保湿成分配合の化粧水を選びましょう。

敏感肌におすすめの高保湿成分は、

  • セラミドナノスフェア(保湿成分をヒト型ナノセラミドで囲んだカプセル)
  • アクティブセラミド(より多くのセラミドを作りバリア機能改善作用)
  • 保湿型ビタミンC誘導体(3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸)(アスコルビン酸とグリセリンが有効成分した最新先進成分セラミドをサポート)
  • ライスパワーNo.11エキス(セラミドを増やす有効成分)

上記の成分は、水分蒸発を防ぎバリア機能高めるために必要な保湿のカギである「セラミド」と作り出すサポートをします。

最近の保湿成分は、与える保湿より自らセラミドを作り出し水分保持力改善作用をする成分が多く誕生しています。

そういう最新成分や有効成分を取り入れて、肌本来の保水機能を高めていきましょう。

ポイント

敏感肌は、セラミドが不足しています。セラミドが不足すると、角層がスカスカの状態になりバリア機能が低下し、肌荒れや乾燥が起こります。
さらに炎症が起こりかゆみや赤みが出てしまうのです。
敏感肌の改善はまず、セラミドが十分にある皮膚構造にすることが重要です。

20代敏感肌化粧水の選び方②、浸透力が高く水分キープ力がある化粧水選ぶ

どんなに性能が良い美容成分でも、肌トラブルの元までしっかりと届かないと意味がありません。

それに、浸透させた成分を肌の中で長時間にわたり働かせることができなければ、効果を実感することができません。

ですので、角層全体に行き渡る浸透力が高く、また、その働きが長時間持続して水分をキープし、うるおいを生み出す設計になっている化粧水を選びましょう。

これらを探すのはなかなか難しいと思いますので、下記の敏感肌におすすめな化粧水人気ランキングを参考にしてみてください。

ポイント

敏感肌は、角層の密度が弱いため、水分をずっと貯め込んでおく力がありません。
ですので、角層全体を化粧水で満たし、それをずっと貯めこんでおく処方になっていることが望ましいのです。
水分を貯め込んでおく時間が長ければ長いほど、細胞は正常に働きだし健康な皮膚を形成し始めます。
結果、乾燥や肌荒れ、赤みやかゆみのない健康な素肌に改善できます。

20代敏感肌化粧水の選び方③、続けられる価格である

どんなにいいものでも、続けられないとお肌を変えることはできませんよね。

ですので、高価な化粧水を買う必要はありません。

最近では、手頃価格で化粧水が買えますので、20代のご自分でも続けられる価格なのかどうか選んでもいいですよ。

ここでは、20代の方でも安心して継続できる価格帯の化粧水をご紹介しています。

まとめ

20代の敏感肌のための化粧水選びは、

「優れた高保湿成分を、浸透力を高める設計のもとで、肌の内側に水分をキープし、それを持続させる」

このような化粧水がおすすめです。

結果として、自らが潤う肌になり、刺激をはねのける強いバリア機能と、細胞修復・再生力のある肌にしていくことができます。

ですので敏感肌用化粧水選びも、そういった設計になっていないと「毎日頑張って使っているのに効果がない。」という結果になってしまいます。

しかし、化粧水はどれも「うるおいアップ」などというキャッチコピーで売られていますので、どれを選んでいいかわからないですね。

そこで、以下の20代の敏感肌におすすめな化粧水人気ランキングを是非参考にしてください。

20代前半の敏感肌の今後の対策5つのポイント

その前に、20代前半の敏感肌の今後の対策はどのようにするべきなのか、参考にしてください。

1,洗顔で洗いすぎない

敏感肌の洗顔は、お肌のお手入れの中でも、とても気を付けたい行為です。

敏感肌は、水分と油分のバランスが悪く、水分を保持しにくいので、すぐ乾燥してしまいます。

洗顔を強くしていたり、何度も洗顔したりと、洗顔で洗いすぎるとお肌のバリア機能が壊れ、肌が乾燥し、かゆみや赤みの原因になります。

洗顔は汚れを落とすには必要なアイテムですが、過剰洗顔は避け、敏感肌用の洗顔料を使いましょう。

2,肌摩擦などの刺激を与えない

肌をこする、かゆくて掻く、化粧品をつける時ゴシゴシしてしまう、などの行為は肌摩擦が生じ刺激を与えています。

お肌は肌摩擦などの刺激を受けると、炎症が起こり、赤み・かゆみ・メラニン過剰生成などの様々なトラブルの原因になります。

敏感肌の改善は、まず肌内部の炎症を抑制することですから、炎症を引き起こしてしまう肌摩擦は避けるべきです。

お肌を触る時は、やさしく丁寧に押さえるようにすればいいですよ。

スキンケアもそれで十分浸透します。

20代前半から、やさしく丁寧にお肌に触れるようにすれば、今後もトラブルが起こりにくい肌作りができます。

それだけ、肌摩擦はお肌に負担をかけているのです。

3,紫外線対策は十分行う

敏感肌は、紫外線対策は十分すぎるほどするのがおすすめです。

なぜなら、敏感肌は普通肌より反応が早く、炎症が悪化するので、後のダメージ回復に実感がかかるからです。

そして、紫外線というのは1種類ではありません、

肌に影響を及ぼす紫外線は、UVA(表皮を破壊してシワ・たるみの原因になる)と、UVB(メラノサイトを活性化してシミ・ソバカスの原因になる)の2種類あります。
敏感肌がこの2種類を長時間浴びれば、お肌がボロボロになってしまいます。

紫外線は、敏感肌改善の妨げになりますので、20代前半からでも徹底的にケアすることを強くおすすめします。

4,食生活改善

20代前半は、細胞も活性化し、まだまだお肌が若い世代です。

しかし、20代前半からでも肌の老化は進み、着実に機能低下しています。

もし、肌トラブルが続き治りが悪いのであれば、スキンケア方法や使用している基礎化粧品以外に、食事内容も見直しましょう。

もしかしたら、お肌への栄養不足かも知れません。

サプリメントで補ったり、バランスの良い食事内容に変更するなど、20代前半から食事内容を改善し、敏感肌改善につねげるようにしましょう。

5,もちろん肌を乾燥させない

お肌が乾燥すると、いいことは一つもありません。

むしろ、敏感肌になったり、敏感肌が悪化したり、と悪影響が出ます。

お肌が乾燥しているということは、肌内部の環境が悪く、細胞が働かない状況になっています。

逆に、うるおいが満ちている肌は、まず敏感肌ではなくトラブルもありません。

入浴後、日中なども肌の乾燥を気にして、お肌を乾燥させないように心掛けましょう。

まとめ

上記の5つの項目は、特に今後必ず優先して行いましょう。

そしてその上で、毎日のケアでしっかりと敏感肌用スキンケアで保湿を行い、肌を強くしていくケアをすることが大切です。

20代の敏感肌におすすめな化粧水ランキング

つつむ ローションセラム E

ディセンシアつつむ化粧水
価格
・定期会員価格 3,304円(税込)
・通常価格 3,672円(税込)
容量
120ml/約1.5~2ヶ月
メーカー名
DECENCIA(ディセンシア)
主要保湿成分
・セラミドナノスフィア
・アミノコンプレックス
・エモリエントプール成分
お試し
10日間トライアルセット
7点 1,470円(税込)
備考
30日間返金保証付き

 

化粧水のポイント

保湿成分をヒト型ナノセラミドで包み込んだカプセル「セラミドナノスフィア」が、角層のすみずみまで浸透し保水機能を高めます。肌の特に必要な5種類のアミノ酸を複合化したアミノコンプレックスが角層細胞をうすおいで一杯に満たし、エモリエントプール成分がバリア機能の役目をして水分蒸散を防ぎ角層を守るため、長時間保湿が実現します。

つつむ敏感肌ケア10日間トライアルセット送料無料1,470円

  • オルビス アクアフォース

    オルビスアクアフォースは20代前半から絶大な支持を受けている大人気化粧水です。100%オイルカットで、余分な油分を与えずに保湿力を強化することができるので、浸透力に優れ絶賛されています。お手頃価格なのと、化粧水はティースプーン半分でも十分保湿効果を発揮する実力で、バシャバシャ使えてローションパックに使えます。全く刺激がないから使っていくうちに肌が柔らかくなり、乾燥を感じなくなります。

     

  • サエル DECENSIA(ディセンシア )

    ディセンシア・サエルの化粧水はビタミンC誘導体配合化粧水で、敏感肌の美白専用化粧水です。敏感肌のくすみやシミの改善に効果を発揮し、透明感のある丈夫な肌に仕上げます。敏感症状改善だけなく、くすみやシミも解消させたいなら、とてもオススメです!敏感肌のくすみもキレイな透明感ある素肌に変化します。